So-net無料ブログ作成
検索選択

須山カスタム Private435  2週間経過 [カスタムIEM]

須山カスタム Private435 使用開始後2週間経過しました。

私にとっては初めてのカスタムIEMでしたが、装着感は感動的です。
従来からカナルタイプオンリーで、耳に深く入れることに慣れていたこともありますが、
はじめから違和感を覚えることもありませんでした。
3段キノコ等で感じられるような圧迫感も無く、逆にピッタリ感が気持ちいいです。

標準ケーブルは絡みにくく、取り回しも良好です。耐性もありそうで、安心感があります。
ただ、耳に回す部分(メモリーケーブル部分)が上手く馴染まず、耳から浮いた状態に
なってしまいます。
これについては、しばらくすれば馴染んでくるかもしれません。
正直フェイスプレートやコネクター形状は、デザイン的にあまり好きではありません
でしたが、使ってみると信頼性の高さが実感できます。

肝心の音ですが、全域がクリアーですね。
派手さはありませんが、作られた感じが無く、自然で透明感のある音です。
特にフュージョン系ギターの音が素晴らしく、聞き惚れてしまいます。
音の解像度が高いので、今まで聞こえなかった(気にならなかった)音も聞こえてきます。
定位も良好で、録音によってはドラムセットの配置が見えるようです。
当初は物足りなく感じていた低音も(耳)エージングが進むにつれ、押し出しが強くなって
きました。

難をいえば、
女性ヴォーカルがやや引っ込んだ印象であること、解像度が高いあまり録音の粗が
見えてしまうことでしょうか。
使い始めの頃は録音の悪さや、わざとらしいエフェクトが気になることがありました。
古いVTR映像を大画面HDテレビで見ているような感じです。
古い録音やブートレグなどは、ちょっと辛いことがありました。
(最近では耳エージングのせいか、違和感が少なくなりましたが)
いずれにしても、オールラウンダーというよりは、音源を選ぶ性格のようです。

初めてのカスタムIEMでしたが、もう、ユニバーサルには戻れませんね。
言われるように、耳への負担も軽減されるようです。tf10Proでは調子に乗って、音量を
上げたり長時間利用すると耳が痛くなることがありましたが、435ではヴォリュームを抑えて
使用できるので、耳に優しい気がします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。